読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

guacamole を使う その1 (CentOS7+yum 編)

本エントリとは直接関連しませんが、まずは宣伝から。

https://jpoug.doorkeeper.jp/events/51429

まだ席に余裕がありますので、興味がある方は是非。

 

 

ここからが本題です。
本エントリは、Oracleから少し外れて、guacamoleというリモートデスクトップゲートウェイの紹介です。

 

通常、LinuxマシンでGUI環境が必要な場合、vncviewer等で
接続する必要があります。

vncviewerをインストールすることが難しい場合もありますし、
他ネットワークだとするとvncのポートが解放されてなかったり
色々と面倒なこともしばしばあります。


そんなとき、非常に便利なのがguacamoleです。

http(s)ベースのリモートデスクトップゲートウェイとして動作するため、
クライアント端末側には、ブラウザさえあればOKです。
(最新バージョン(0.9.9)ではiphoneからも操作できます)

https://guacamole.incubator.apache.org/


今回は、CentOS7(RHEL7/OEL7)での簡単なインストール方法を紹介します。

<構成>
・OS CentOS7.2
・guacd/guacamole (tomcat) 同一マシン構成

・guacd/guacamole 0.8.4(執筆時点)
・DB連携なし
SSL構成なし


<インストール方法>

 

#epel有効化
#rpm -Uvh https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm

 

#必要モジュールインストール
#yum -y install guacamole guacd libguac-client-rdp libguac-client-vnc libguac-client-ssh

 

#guacamoleのパスワードをmd5hashで取得
#ここではguacamoleには、gucauser/Guac123!でログインすることとする。
#echo -n 'Guac123!' | md5sum | awk '{print $1}'
#6e9b83fc538318184ca185a44c06d235

 

#user-mapping.xml(認証情報)の編集
#ここではguacamoleには、gucauser/Guac123!でログインすることとする。
#接続先は適宜編集してください
#cat > /etc/guacamole/user-mapping.xml <<'EOF'
<user-mapping>
     <authorize username="guacuser" password="6e9b83fc538318184ca185a44c06d235" encoding="md5">
         <connection name="localhost ssh">
             <protocol>ssh</protocol>
             <param name="hostname">localhost</param>
             <param name="port">22</param>
         </connection>
         <connection name="RDP">
             <protocol>rdp</protocol>
             <param name="hostname">localhost</param>
             <param name="port">3389</param>
         </connection>
        <connection name="VNC">
            <protocol>vnc</protocol>
            <param name="hostname">localhost</param>
            <param name="port">5901</param>
        </connection>
     </authorize>
</user-mapping>
EOF

#guacamole関連サービスの起動/有効化
#
#systemctl start guacd
#systemctl start tomcat
#
#systemctl enable guacd
#systemctl enable tomcat


上記設定後、ブラウザから以下のURLへアクセスするとguacamoleにログインできます
http://guacamoleがインストールされているマシンのIP:8080/guacamole