advent calendar振り返り

Oracle Cloud always free Advent Calendar 2019の25日目です。


本日はOracle Cloud always free Advent Calendar 2019の最終日ですので、Oracle Cloudを使ってみた感想を書きたいと思います。


・always freeは太っ腹

22日目の記事で分かるように、かなり太っ腹です。CPUがちょっと弱い気もしますが、ちょっとしたVPSであれば、置き換え可能だと思います。転送量月10TBまで無料というのもかなり魅力的です。

また、automonous databaseが使用可能というのも画期的です。

 

・always freeの枯渇

11月は問題なくalways freeのcomputeインスタンスが作成できたのですが、12月に入ってからは、out of host capacityというエラーで作成できなくなりました。2インスタンスなんて太っ腹なことやらず1インスタンスにしておけば、、、と思いつつ、早急な拡充を祈るばかりです。

 

・ポリシーが分かりづらい

ポリシーの考え方がAWSGoogle Cloudに比べてかなり独特で分かりづらいです。また、簡単ポリシー割り当てウィザードみたいなものがないので、そのあたりもつらいです。今後の改善を期待したいところです。

 

Oracle Cloudはまだまだ黎明期

こう書くと怒られる気もしますが、Oracle Cloudはまだまだ黎明期だなーと感じます。理由としては、
 ・Web記事が少ない       

          メジャーな機能については日本語の記事も増えてきましたが、 マイナーな機能や使い方については、英語も含めて記事が少ない(もしくはまったくない)ことがあります。 REST APIJDBC接続(JKS)は手探りで記事を書きました。  

  ・Web記事のほとんどがコンソールベース

           Web記事ではCLIでの手順がほとんどなく、初期のAWSを思い出します。今後、UIの変更が度々走ると、UIの変更に耐えられなくなって、CLIベースの手順が増えるとは思いますが。

 

・automonous databaseへの接続はTNSがカギ

オンプレのOracle Databaseでwalletを使用していないと、接続方法に戸惑います。 基本的にTNSでwalletの位置などを指定することになるので、TNS周りが理解できてないとかなり厳しいと思います。 今回のOracle Cloud always free Advent Calendar 2019では、様々なツールから負荷をかけていますが、 sqlplusの接続から順を追って確認したおかげで、TNSまわりの理解ができ、接続まわりでハマることはありませんでした。

 

Oracle Machine Learningの学習コスト
ノートブックでの言語がPL/SQLのみとなっているため、機械学習の知識+PL/SQLのコーディング力となってしまうため、学習コストがかかります。titanicの予測あたりをやってみたかったのですが、PL/SQLでやるのがしんどくてあきらめてしまいました。
RかPythonサポートしてくれませんかねぇ。。。


以上、取り止めない感じですが、Oracle Cloud always free Advent Calendar 2019の最終日としたいと思います。

oracle notifications を使ってWeb監視結果を通知する

Oracle Cloud always free Advent Calendar 2019の24日目です。

今日は少し趣向を変えてoracle notifications を使ってみようかと思います。

 

oracle notificationsでは、以下のような流れになります。
トピックの作成
サブスクリプションの作成
トピックにメッセージを送信


今回は、トピックにメッセージを送信できる状態になった後、
Web監視の結果、異常があれば、メッセージ送信できるようにします。


トピックの作成
oci ons topic create --name web_monitor
{
・・・・・・
"topic-id": "ocid1.onstopic.oc1.ap-tokyo-1.aaaaaaaawjyrl2nuhtw3bawt7u7vrasgwwtXXXXXXXXXXXXXX"
},
"etag": "9374236b"
}

 

サブスクリプションの作成
oci ons subscription create --protocol email \
--subscription-endpoint xxxxx@xxx.com \
--topic-id ocid1.onstopic.oc1.ap-tokyo-1.aaaaaaaawjyrl2nuhtw3bawt7u7vrasgwwtXXXXXXXXXX

以下のようなメールが届くので、メール本文のリンクを押下する。
タイトル:Oracle Cloud Infrastructure Notifications Service Subscription Confirmation
本文:You have chosen to subscribe to the topic: web_monitor (Topic OCID: ocid1.onstopic.oc1.ap-tokyo-1.aaaaaaaawjyrl2nuhtw3bawt7u7vrasgwwtezXXXXXXXX).
To confirm this subscription, click or visit the link below. If this was in error, you can ignore this message.

 

リンクを押下すると、「Subscription confirmed」と表示される。

 

 

#メッセージの送信
oci ons message publish \
--topic-id ocid1.onstopic.oc1.ap-tokyo-1.aaaaaaaawjyrl2nuhtw3bawt7u7vrasgwwtez7XXXXXXXXXX \
--body "test message send"

 

Oracle Cloud Notification Message」というタイトルのメールが届くはずです。

 

#web監視用のシェル作成
cat << 'EOF' > web_monitor.sh
#!/bin/bash

target_url="http://yahoo.co.jp/"

## target_url へのアクセスを試みる
message=`curl -o /dev/null -s -w %{http_code} $target_url`

## curl 結果 http_code が 200/3xx だったらスクリプト終了
if [[ "$message" =~ 200 || "$message" =~ 3[0-9]{2} ]]; then
exit 0
fi

echo $message

oci ons message publish \
--topic-id ocid1.onstopic.oc1.ap-tokyo-1.aaaaaaaawjyrl2nuhtw3bawt7u7vrasgwwtez77chv4sii2y5XXXXXXX \
--body "target url $target_url is down"
EOF

 

#シェルへ実行権限付与

chmod +x web_monitor.sh

 

#シェルの実行
./web_monitor.sh

 

監視対象のWebホストにアクセスできなければ、メールが届きます。

 

このweb_moniter.shをcronか何かで登録すれば簡易Web監視ができます。

 

<参考>

www.s-style.co.jp

qiita.com

unixODBCからautonomous databaseに接続してみる。

Oracle Cloud always free Advent Calendar 2019の23日目です。

今日はunixODBCからautonomous databaseに接続してみようと思います。
15日目のsqlplus接続設定が完了していることが前提となります。

 

#unixODBCのインストール
sudo yum -y install unixODBC


#ODBCドライバのインストール
sudo yum -y install oracle-instantclient18.3-odbc.x86_64

 

#ODBCドライバの確認
#libsqora.so.18.1がODBCドライバ
ls /usr/lib/oracle/18.3/client64/lib
glogin.sql libipc1.so libnnz18.so libocijdbc18.so libsqlplusic.so network
libclntshcore.so.18.1 libmql1.so libocci.so.18.1 libons.so libsqlplus.so ojdbc8.jar
libclntsh.so.18.1 libnfsodm18.so libociei.so liboramysql18.so libsqora.so.18.1 xstreams.jar

 

#ODBCドライバの登録
$cat << EOF > ~/oracle_driver.ini
[odbcOracle18c]
Description = Oracle 18c Odbc Driver
Driver = /usr/lib/oracle/18.3/client64/lib/libsqora.so.18.1
EOF

$sudo odbcinst -i -d -f ~/oracle_driver.ini


#DSN情報
#Driverは先ほど記載したoracle_driver.iniの情報
#ServerNameはtnsnames.oraの接続識別子
cat << EOF > ~/mydsn.ini
[DSN_ORACLE]
Driver = odbcOracle18c
ServerName = adw_high
UserID = ADMIN
Password = XXXXXXX
EOF

#odbc.iniへ登録
odbcinst -i -s -f ~/mydsn.ini


#環境変数設定
export PATH=/usr/lib/oracle/18.3/client64/bin:$PATH
export LD_LIBRARY_PATH=/usr/lib/oracle/18.3/client64/lib:$LD_LIBRARY_PATH
export TNS_ADMIN=~/wallet

 

#接続確認
$isql DSN_ORACLE
+---------------------------------------+
| Connected! |
| |
| sql-statement |
| help [tablename] |
| quit |
| |
+---------------------------------------+
SQL>


SQL> select BANNER from v$version;
+---------------------------------------------------------------------------------+
| BANNER |
+---------------------------------------------------------------------------------+
| Oracle Database 18c Enterprise Edition Release 18.0.0.0.0 - Production |
+---------------------------------------------------------------------------------+
SQLRowCount returns -1
1 rows fetched


<参考>

qiita.com

Oracle Cloud/Google Cloud always free比較

Oracle Cloud always free Advent Calendar 2019の22日目です。

今日は、Oracle Cloudのalways freeとGoogle Cloudのalways freeを比較してみようと思います。
(比較対象は主にComputeにしたいと思います)

Google Cloud Oracle Cloud
リージョン 以下の米国リージョンのうちの 1 つ)
オレゴン: us-west1
アイオワ: us-central1
サウスカロライナ: us-east1
Japan Eastを含む各リージョン
インスタンス 当月内の合計時間数と同等の時間数を使い切るまで 2
インスタンスタイプ f1-micro VM.Standard.E2.1.Micro
CPU 0.2vcpu(バーストあり) 1/8 OCPU
メモリ 0.60GB 1GB
HDD容量 30GB 2インスタンスあわせて 100GB
帯域 ー(見つからず) 480M ビット/秒
データ転送 1 GB の北米から全リージョン宛ての下りネットワーク(1 か月あたり、中国およびオーストラリアを除く) アウトバウンド・データ転送(10TB/月)


Oracle Cloudの太っ腹っぷりが目立ちますね!

<参考>
cloud.google.com

www.oracle.com

automounous databaseでAdvanced Analytics (Oracle Data Miner)を使う(失敗)

Oracle Cloud always free Advent Calendar 2019の21日目です。

 

今日はAdvanced Analyticsを使って機械学習を行います。

前提として、ADWが作成されていること、SQLDeveloperからADWに接続できることです。

 

機械学習はSQLDeveloperのOracle Data Minerというツールを使います。

 

<準備>

まず、SQLDevelperからADWにADMINユーザで接続します。

 

dumuserの作成・権限の割り当て

create user dmuser identified by dmPWuser##1234
default tablespace data temporary tablespace temp
quota unlimited on data;

grant connect,resource to dmuser;

 

dumuserを作成したらdmuserで接続しなおします。

接続したら、表示ー>Data Miner->Data Minerの接続を選択します。

f:id:KNOPP:20191122003412p:plain

DataMinerの接続

 

Data Minerタブが現れるので、接続の追加をクリックします。

f:id:KNOPP:20191122003512p:plain

DataMinerの接続2

接続の選択 画面が現れるのでdmuser用の接続を選択します。

f:id:KNOPP:20191122003804p:plain

接続選択

 

接続が作成されるので、ダブルクリックします。

f:id:KNOPP:20191122004018p:plain

DataMiner接続初回



初回接続の際には、リポジトリをインストールしますかと出るので、

はい(Y)をクリックします。
 

f:id:KNOPP:20191122004115p:plain

初回接続

SYSのパスワードが求められてしまいました。

ADMINユーザで接続を試みてもはじかれてしまいます。

f:id:KNOPP:20191122005340p:plain

SYS接続

 

というわけで、ADWでは、Oracle Data Minerを使用することはできないようです。

 

 

<参考>

speakerdeck.com

autonomous databaseにデータをインポートする

Oracle Cloud always free Advent Calendar 201920日目です。
19日目では、autonomous databaseのデータをObject Storageへエクスポートしましたが、
本日は、Object Storage上のデータをautonomous databaseへインポートします。
エクスポート元、インポート先のユーザは別のユーザにします。(エクスポート元ユーザ soe / インポート先ユーザ soe_i)

 

流れとしては、
①Object Storageへインポートするファイルを配置
②autonomous databaseで使用するbucket操作用ユーザ&グループを作成
③クレデンシャルを作成
④インポートするDBユーザの作成
⑤Object Storageからautonomous databaseへインポート

 

①は昨日エクスポートしたファイルをそのまま使用し、②③は昨日やったことと同じなので、省略します。

 

#インポートするDBユーザの作成
環境変数の設定
export PATH=/usr/lib/oracle/18.3/client64/bin:$PATH
export LD_LIBRARY_PATH=/usr/lib/oracle/18.3/client64/lib:$LD_LIBRARY_PATH
export TNS_ADMIN=~/wallet

 

sqlplus ADMIN/XXXXXXX@adw_high
SQL>CREATE USER soe_i IDENTIFIED BY TccP12#_TccP12#_ DEFAULT TABLESPACE DATA QUOTA UNLIMITED ON DATA TEMPORARY TABLESPACE TEMP;
SQL>GRANT connect, resource to soe_i;
SQL>GRANT execute on dbms_lock to soe_i;

 

#impdpの実行

#dumpfileはインポートするファイルの格納先
impdp admin/XXXXXX@adw_high directory=data_pump_dir credential=def_cred_name dumpfile= https://objectstorage.ap-tokyo-1.oraclecloud.com/n/nrz2zsre72gm/b/adw_bucket/o/exp%u.dmp REMAP_SCHEMA=soe:soe_i

Import: Release 18.0.0.0.0 - Production on Fri Dec 6 05:40:03 2019
Version 18.3.0.0.0

Copyright (c) 1982, 2018, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Connected to: Oracle Database 18c Enterprise Edition Release 18.0.0.0.0 - Production
ORA-31684: Object type USER:"SOE_I" already exists

Processing object type SCHEMA_EXPORT/SYSTEM_GRANT
Processing object type SCHEMA_EXPORT/ROLE_GRANT
Processing object type SCHEMA_EXPORT/DEFAULT_ROLE
Processing object type SCHEMA_EXPORT/TABLESPACE_QUOTA
Processing object type SCHEMA_EXPORT/PASSWORD_HISTORY
ORA-39111: Dependent object type PASSWORD_HISTORY:"SOE_I" skipped, base object type USER:"SOE_I" already exists
・・・・
. . imported "SOE_I"."ORDERS" 129.9 MB 1439835 rows
. . imported "SOE_I"."PRODUCT_DESCRIPTIONS" 222.5 KB 1000 rows
. . imported "SOE_I"."ORDER_ITEMS" 230.1 MB 4328189 rows
. . imported "SOE_I"."CARD_DETAILS" 64.06 MB 1503687 rows
. . imported "SOE_I"."CUSTOMERS" 108.4 MB 1003687 rows
. . imported "SOE_I"."INVENTORIES" 15.21 MB 898304 rows
. . imported "SOE_I"."PRODUCT_INFORMATION" 186.9 KB 1000 rows
. . imported "SOE_I"."ORDERENTRY_METADATA" 5.609 KB 4 rows
. . imported "SOE_I"."ADDRESSES" 110.3 MB 1503690 rows
Processing object type SCHEMA_EXPORT/PACKAGE/PACKAGE_SPEC
Processing object type SCHEMA_EXPORT/PACKAGE/COMPILE_PACKAGE/PACKAGE_SPEC/ALTER_PACKAGE_SPEC
Processing object type SCHEMA_EXPORT/VIEW/VIEW
Processing object type SCHEMA_EXPORT/PACKAGE/PACKAGE_BODY
Processing object type SCHEMA_EXPORT/TABLE/INDEX/INDEX
Processing object type SCHEMA_EXPORT/TABLE/INDEX/FUNCTIONAL_INDEX/INDEX
Processing object type SCHEMA_EXPORT/TABLE/CONSTRAINT/CONSTRAINT
Processing object type SCHEMA_EXPORT/TABLE/INDEX/STATISTICS/INDEX_STATISTICS
Processing object type SCHEMA_EXPORT/TABLE/INDEX/STATISTICS/FUNCTIONAL_INDEX/INDEX_STATISTICS
Processing object type SCHEMA_EXPORT/TABLE/CONSTRAINT/REF_CONSTRAINT
Processing object type SCHEMA_EXPORT/TABLE/STATISTICS/TABLE_STATISTICS
Processing object type SCHEMA_EXPORT/STATISTICS/MARKER
Processing object type SCHEMA_EXPORT/POST_SCHEMA/PROCACT_SCHEMA
ORA-39082: Object type PACKAGE BODY:"SOE_I"."ORDERENTRY" created with compilation warnings

Job "ADMIN"."SYS_IMPORT_FULL_01" completed with 3 error(s) at Fri Dec 6 05:45:00 2019 elapsed 0 00:04:55

 

#コンパイルエラーが発生しているのでリコンパイル

sqlplus soe_i/TccP12#_TccP12#_@adw_high
SQL> alter package ORDERENTRY compile body;
Package body altered.

コンパイルエラーが解消されたので、問題なくインポートが終わりました。

 

<参考>
https://docs.oracle.com/cd/E83857_01/paas/autonomous-data-warehouse-cloud/user/load-data-data-pump.html#GUID-297FE3E6-A823-4F98-AD50-959ED96E6969

autonomous databaseのデータをエクスポートする

Oracle Cloud always free Advent Calendar 2019の19日目です。

本日はautonomous databaseのデータをエクスポートしてみようと思います。
オンプレのOracle Databaseのデータをエクスポートする場合と異なり、Oracle Cloudのユーザが必要です。

 

エクスポートの流れとしては、
①autonomous databaseで使用するbucket操作用ユーザ&グループを作成
bucketを作成
③クレデンシャルを作成
④autonomous databaseからObject Storageへエクスポート
⑤Object Storageからエクスポートしたデータを取り出し

 

今回は、18日のswingbenchを使用するときに作成したデータをエクスポートしてみます。前提は15日のsqlplusからの接続ができていることとなります。

 

#ユーザの作成  (実行結果のid (user OCID)を控えておく)
oci iam user create --name bucketadmin --description bucketadmin
{
"data": {
"capabilities": {
"can-use-api-keys": true,
"can-use-auth-tokens": true,
"can-use-console-password": true,
"can-use-customer-secret-keys": true,
"can-use-smtp-credentials": true
},
"compartment-id": "ocid1.tenancy.oc1..aaaaaaaaeb3oom3w5bw3ebkgtvd2w2dbXXXXXXX",
・・・・・

 

#グループの作成 (実行結果のid (group OCID)を控えておく)
oci iam group create --name bucketgroup --description bucketgroup
{
"data": {
"compartment-id": "ocid1.tenancy.oc1..aaaaaaaaeb3oom3w5bw3ebkgtvd2w2dbljknl4ssgueXXXXXXX",
・・・・・


#グループへユーザの割り当て(user-idとgroup-idは先ほど作成したユーザーとグループのID)
oci iam group add-user \
--user-id ocid1.user.oc1..aaaaaaaaczvfhniqd6jses4jlgee2qsvn66lhyXXXXXXX \
--group-id ocid1.group.oc1..aaaaaaaamb25rdvw4pz3oirrgza7nbpepiqtbqlr73XXXXX

 

#bucketとobjectを管理できるポリシーの作成。ポリシーはグループに割り当てる
oci iam policy create --name bucketgroup_policy \
--statements '["Allow group bucketgroup to manage buckets in tenancy","Allow group bucketgroup to manage objects in tenancy"]' \
--description bucketgroup_policy

#AUTHトークンの作成
oci iam auth-token create \
--user-id ocid1.user.oc1..aaaaaaaaczvfhniqd6jses4jlgee2qsvn66lhymXXXXXXXX \
--description bucketgroup

#bukectの作成
oci os bucket create --name adw_bucket
{
"data": {
・・・・・
"namespace": "nrz2zsre72gm",
"object-events-enabled": false,
"object-lifecycle-policy-etag": null,
"public-access-type": "NoPublicAccess",
"storage-tier": "Standard",
"time-created": "2019-12-05T14:21:52.730000+00:00"
},
"etag": "0a2f0fbb-31bf-4de2-83ed-fb5e456103f0"
}
#後でnamespaceを使うのでメモしておく。


#expdpのインストール
sudo yum -y install oracle-instantclient18.3-tools.x86_64

 

環境変数の設定
export PATH=/usr/lib/oracle/18.3/client64/bin:$PATH
export LD_LIBRARY_PATH=/usr/lib/oracle/18.3/client64/lib:$LD_LIBRARY_PATH
export TNS_ADMIN=~/wallet


soeユーザのオブジェクトをdata_pump_dirにエクスポート
expdp ADMIN/XXXXXXX@adw_high directory=data_pump_dir dumpfile=exp%U.dmp filesize=2G logfile=export.log schemas=soe
Export: Release 18.0.0.0.0 - Production on Thu Dec 5 13:53:25 2019
Version 18.3.0.0.0

Copyright (c) 1982, 2018, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Connected to: Oracle Database 18c Enterprise Edition Release 18.0.0.0.0 - Production
Starting "ADMIN"."SYS_EXPORT_SCHEMA_01": ADMIN/********@adw_high directory=data_pump_dir dumpfile=exp%U.dmp filesize=2G logfile=export.log schemas=soe
Processing object type SCHEMA_EXPORT/TABLE/TABLE_DATA
Processing object type SCHEMA_EXPORT/PACKAGE/PACKAGE_BODY
Processing object type SCHEMA_EXPORT/TABLE/INDEX/STATISTICS/INDEX_STATISTICS
Processing object type SCHEMA_EXPORT/TABLE/INDEX/STATISTICS/FUNCTIONAL_INDEX/INDEX_STATISTICS
Processing object type SCHEMA_EXPORT/TABLE/STATISTICS/TABLE_STATISTICS
Processing object type SCHEMA_EXPORT/STATISTICS/MARKER
Processing object type SCHEMA_EXPORT/USER
Processing object type SCHEMA_EXPORT/SYSTEM_GRANT
Processing object type SCHEMA_EXPORT/ROLE_GRANT
Processing object type SCHEMA_EXPORT/DEFAULT_ROLE
Processing object type SCHEMA_EXPORT/TABLESPACE_QUOTA
Processing object type SCHEMA_EXPORT/PASSWORD_HISTORY
Processing object type SCHEMA_EXPORT/PRE_SCHEMA/PROCACT_SCHEMA
Processing object type SCHEMA_EXPORT/SEQUENCE/SEQUENCE
Processing object type SCHEMA_EXPORT/TABLE/TABLE
Processing object type SCHEMA_EXPORT/PACKAGE/PACKAGE_SPEC
Processing object type SCHEMA_EXPORT/PACKAGE/COMPILE_PACKAGE/PACKAGE_SPEC/ALTER_PACKAGE_SPEC
Processing object type SCHEMA_EXPORT/VIEW/VIEW
Processing object type SCHEMA_EXPORT/TABLE/INDEX/INDEX
Processing object type SCHEMA_EXPORT/TABLE/INDEX/FUNCTIONAL_INDEX/INDEX
Processing object type SCHEMA_EXPORT/TABLE/CONSTRAINT/CONSTRAINT
Processing object type SCHEMA_EXPORT/TABLE/CONSTRAINT/REF_CONSTRAINT
Processing object type SCHEMA_EXPORT/POST_SCHEMA/PROCACT_SCHEMA
. . exported "SOE"."ORDER_ITEMS" 230.1 MB 4328189 rows
. . exported "SOE"."ORDERS" 129.9 MB 1439835 rows
. . exported "SOE"."ADDRESSES" 110.3 MB 1503690 rows
. . exported "SOE"."CUSTOMERS" 108.4 MB 1003687 rows
. . exported "SOE"."CARD_DETAILS" 64.06 MB 1503687 rows
. . exported "SOE"."LOGON" 51.53 MB 2396105 rows
. . exported "SOE"."INVENTORIES" 15.21 MB 898304 rows
. . exported "SOE"."PRODUCT_DESCRIPTIONS" 222.5 KB 1000 rows
. . exported "SOE"."PRODUCT_INFORMATION" 186.9 KB 1000 rows
. . exported "SOE"."WAREHOUSES" 36.21 KB 1000 rows
. . exported "SOE"."ORDERENTRY_METADATA" 5.609 KB 4 rows
ORA-39173: Encrypted data has been stored unencrypted in dump file set.
Master table "ADMIN"."SYS_EXPORT_SCHEMA_01" successfully loaded/unloaded
******************************************************************************
Dump file set for ADMIN.SYS_EXPORT_SCHEMA_01 is:
/u03/dbfs/983C8A22693ADDAEE0531914000A0697/data/dpdump/exp01.dmp
Job "ADMIN"."SYS_EXPORT_SCHEMA_01" successfully completed at Thu Dec 5 13:58:19 2019 elapsed 0 00:04:51

 

 

#data_pump_dirにエクスポートされたデータの確認

sqlplus ADMIN/XXXXXX@adw_high
SQL> SELECT OBJECT_NAME FROM DBMS_CLOUD.LIST_FILES('DATA_PUMP_DIR');

OBJECT_NAME
--------------------------------------------------------------------------------
export.log
exp01.dmp

 

#CREDENTIALの作成

BEGIN
DBMS_CLOUD.CREATE_CREDENTIAL(
credential_name => 'DEF_CRED_NAME',
username => 'bucketadmin',
password => 'KA<L6Woi2_nyDglvpp3b'
);
END;
/
PL/SQL procedure successfully completed.

 

#data_pump_dirのエクスポートデータをObject Storageへコピー
#ap-tokyo-1がregion名

#nrz2zsre72gmがnamespace名

#adw_bucketbucket
BEGIN
DBMS_CLOUD.PUT_OBJECT(credential_name => 'DEF_CRED_NAME',
object_uri => 'https://objectstorage.ap-tokyo-1.oraclecloud.com/n/nrz2zsre72gm/b/adw_bucket/o/exp01.dmp',
directory_name => 'DATA_PUMP_DIR',
file_name => 'exp01.dmp');
END;
/
PL/SQL procedure successfully completed.

 

#Object Storageへ格納されたデータの確認
oci os object list --bucket-name adw_bucket
{
"data": [
{
"md5": "jVYyubfkNMuPKjPTgfIBLw==",
"name": "exp01.dmp",
"size": 745684992,
"time-created": "2019-12-05T14:23:09.552000+00:00"
}
],
"prefixes": []
}

 

<参考>

docs.oracle.com