読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AWSとSoftLayerをvxlanで繋いでみる

Japan SoftLayer Summit 2015があり、ちょっとSoftLayerに興味を持ったので、
触って見ました。
いつもならOracle RAC構築に走るのですが、
SoftLayerでのOracle RAC構築は以下のURLで紹介されていますので、今回は個人的にアツイvxlanを使って
AWSとSoftLayerをvxlanで繋いでみます。


Oracle RAC+Softlayerの記事はこちら
http://dba-ha.blogspot.jp/2014/07/softlayer-oracle-rac.html


なお、EC2 with vxlanについては、こちらのエントリで紹介していますので、vxlanについて解説はしません。
http://d.hatena.ne.jp/KNOPP/20141210/1418224473


今回の構成は以下の通りです。

AWS/SoftLayer ホスト名 OS(カーネル PublicIP 実インターフェース vxlan用IP vxlan用インターフェース
AWS A Amazon linux 2014.09.2.x86_64(3.14.27-25.47.amzn1.x86_64) 54.200.xx.xx eth0 192.168.1.1 vxlan0
SoftLayer B CentOS7(3.10.0-123.20.1.el7.x86_64) 158.85.xx.xx eth1 192.168.1.2 vxlan0

・事前準備
EC2側、SoftLayer側双方でUDP通信ができるようにしておく。
(ポート番号の指定方法が今のところ不明なので、UDP ALLということで、、、)



・EC2側

###Amazon Linuxにインストールされているiproute2はvxlan(unicast)に対応していないので、
###最新版をソースから入手しインストール
sudo su -
yum -y install git bison flex libdb-devel db4-devel gcc
git clone git://git.kernel.org/pub/scm/linux/kernel/git/shemminger/iproute2.git
cd iproute2
./configure
make
make DESTDIR=/usr/share install

###vxlanの構成
#仮装デバイス vxlan0 vlanid 10 使用する物理デバイスはeth0
/usr/share/sbin/ip link add vxlan0 type vxlan id 10 dev eth0
#vxlan0にipアドレスを振る
/usr/share/sbin/ip addr add 192.168.1.1/24 broadcast 192.168.1.255 dev vxlan0
#vxlanインターフェースをアップさせる。
/usr/share/sbin/ip link set vxlan0 up
#ホストBを登録
/usr/share/sbin/bridge fdb append 00:00:00:00:00:00 dev vxlan0 dst 158.85.xx.xx

SoftLayer側

###CentOS7ではiproute2がvxlan(unicast)に対応しているので、iproute2のインストールの必要はありません。
###ただし、kernel 3.10.0-123.20.1.el7未満だとvxlanをunicastで使おうとするとKernelパニックが起きるので注意(kernel updateが必要)
###softlayerのCentOS7は2/14現在kernelは3.10.0-123.20.1.el7なので、問題無し。

###vxlanの構成
#仮装デバイス vxlan0 vlanid 10 使用する物理デバイスはeth1(public)
ip link add vxlan0 type vxlan id 10 dev eth1
#vxlan0にipアドレスを振る
ip addr add 192.168.1.2/24 broadcast 192.168.1.255 dev vxlan0
#vxlanインターフェースをアップさせる。
ip link set vxlan0 up
#ホストAを登録
bridge fdb append 00:00:00:00:00:00 dev vxlan0 dst 54.200.xx.xx

動作確認 ping ホストB→A

[root@centos ~]# ping 192.168.1.1
PING 192.168.1.1 (192.168.1.1) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 192.168.1.1: icmp_seq=1 ttl=64 time=44.1 ms
64 bytes from 192.168.1.1: icmp_seq=2 ttl=64 time=21.7 ms
64 bytes from 192.168.1.1: icmp_seq=3 ttl=64 time=21.6 ms
64 bytes from 192.168.1.1: icmp_seq=4 ttl=64 time=21.7 ms
64 bytes from 192.168.1.1: icmp_seq=5 ttl=64 time=21.8 ms


動作確認 ping ホストA→B

[root@ip-172-31-39-175 iproute2]# ping 192.168.1.2
PING 192.168.1.2 (192.168.1.2) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 192.168.1.2: icmp_seq=1 ttl=64 time=22.0 ms
64 bytes from 192.168.1.2: icmp_seq=2 ttl=64 time=21.8 ms
64 bytes from 192.168.1.2: icmp_seq=3 ttl=64 time=21.9 ms
64 bytes from 192.168.1.2: icmp_seq=4 ttl=64 time=21.9 ms
64 bytes from 192.168.1.2: icmp_seq=5 ttl=64 time=21.9 ms

動作確認 ホストBへ追加でIP(192.168.1.3/24)付与

[root@centos ~]#ip addr add 192.168.1.3/24 broadcast 192.168.1.255 dev vxlan0

動作確認 ping ホストA→B (追加したIP)

[root@ip-172-31-39-175 iproute2]# ping 192.168.1.3
PING 192.168.1.3 (192.168.1.3) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 192.168.1.3: icmp_seq=1 ttl=64 time=45.3 ms
64 bytes from 192.168.1.3: icmp_seq=2 ttl=64 time=22.6 ms
64 bytes from 192.168.1.3: icmp_seq=3 ttl=64 time=22.7 ms
64 bytes from 192.168.1.3: icmp_seq=4 ttl=64 time=22.6 ms
64 bytes from 192.168.1.3: icmp_seq=5 ttl=64 time=22.7 ms


こんな感じでSoftLayer、AWS間で仮想L2ができました。


なお、SoftLayer、AWS間の通信は暗号化されていませんので、ご利用は計画的に。