読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Seasar2によるスーパーアジャイルなWeb開発(226冊目)

フォトリーディング 226冊目

最近、RailsDjangoをちょくちょく調べてはいるんですが、
仕事には直結しないところがあって、
なかなか学習が進んでません。

どうせなら仕事に直結する可能性があるJavaを久しぶりにやってみようかなと、
Seasar2の本を買ってみました。

さすがにSeasar2のメインコミッタが著者だけあって、
押さえるべきところは押さえている感じ。

個人的にSesar2で嬉しいところは、
データ中心ではなくて、画面中心ってところでしょうか?

大規模なところの開発だと、まずはデータ構造をしっかり決めて
開発って話になると思うのですが、
私のところのように、自部署のインフラレベルだと、
すでにデータ構造は決ってて、それを簡単にいじれるUIを作ろうとか、
そーいう話になると、
データ構造ぎちぎちなフレームワークは非常に使いずらい。
(そもそも、最初っからきちんとテーブル設計しておけとか
そー言う話もありますけど、昔からの資産を引き継ぐとなるとなかなか難しい)


発行するSQLも結構みょうちくりんなもんになったりするのです、、、

Railsも自前でSQLを発行できますが、
Seasar2S2Daoの場合、自前でSQLを書くことを前提としている感があり、
ガリガリSQLを書いていけるのが嬉しい。

DBエンジニアにとっては、
Seasar2が一番やりやすいのでは?
と思う今日この頃

Seasar2によるスーパーアジャイルなWeb開発 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

Seasar2によるスーパーアジャイルなWeb開発 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)